新町の美味しい「地域食」をご紹介
店舗情報
  • HOME »
  • 店舗情報 »
  • 和菓子・洋菓子

和菓子・洋菓子

日本一

氷の卸問屋が提供するかき氷。問屋業は昭和4年から。かき氷を始めたのは、先代の頃。かき氷屋に氷を卸していたが、かき氷屋の減少に伴い始めた。 写真はスペシャルいちごみるく。材料となるいちごには特にこだわっており、品評会で金賞 …

三山製菓

ながらの外観ですが、店名が表示されてないので旗が目印。いかにも和菓子屋という店内には、だるまやキャラクターのぬいぐるみが飾られていて可愛らしい雰囲気。仲のいい店主夫婦の終始笑顔で気さくな接客は心が和みます。

ベーカリー イシカワ

かつては新町駅前の両水に出店していましたが、現在は製造卸中心。通常の販売は「ららん藤岡」「三菱鉛筆売店」のみですが、前日予約で直売もしています。この店の一押しはなんといっても、カスタードブレットです。マーブル状に練り込まれたカスタードの焼き目の美しさと香り、甘くしっとりふわふわの食感が極上です。一度食べた人が「孫と食べたい」とつぶやいたとか。さらに、クッキーロールも人気商品となっています。食べやすいサイズで外側がビスケットのようにサクサクとして歯触りが心地よく感じられます。

とみや 菓子店

昔ながらの趣のある外観で、外からたいこ焼きを焼いているのを見ることもできる造りになっています。 この店の人気商品のたいこ焼きはひとつ50円で「あずき・うぐいす・クリーム」の3種類。小さめで見た目も可愛いらしく、どれも甘さ控えめ。子どもでも無理なく食べられる小ぶりのサイズということで、ふたつ三つという具合に色々な味を楽しむこともできます。

酢屋製菓舗

お店の外観は「いかにも昔からある和菓子屋さん」という印象です。一歩店にはいると、気さくなご主人と笑顔が素敵な奥さんが迎えてくれます。店内には、まんじゅうの陳列棚のほかに、かき氷や焼きまんじゅうをつくるスペースもあるので、その場で作っているところを見ることができます。また、テーブルもあり、店内での飲食も可能です。

ガトーフェスタハラダ(シャトー・デュ・ボヌール)

大型バスもやってくる新本館「シャトー・デュ・ボヌール」は外観も店内もトレビアン、高級感が漂います。日本中今や知らない人はいないという新町発全国区のお店です。大ヒット商品の「ラスク」の上品で見た目にも美味しい魅力については、今更いうまでもありませんが、他の商品もどれもお勧め。

ガトーフェスタハラダ(中山道店)

ハラダこの店は、記念すべきラスク発祥の1号店。店頭の看板の文字にその当時の名残が見られます。店を切り盛りするのは、新町を知り尽くした地元出身の女性店長。客の顔を見ると誰かすぐわかるというほどの新町通です。お勧めは、この店だけの限定新商品でフランスパンの上に生クリームがのっている「バケットサバラン」(210円)です。「サバラン」という名称は、18~19世紀に活躍したフランスの美食研究家で「美味礼賛」という本を著したジャン・アンテルム・ブリア=サバランからきた名前とか。しかし実は、彼は法律家、政治家であったということです。

いずみ園

緑の植木に囲まれた数寄屋造りの和菓子店で、おはぎの看板が目立ちます。まんじゅうや赤飯は主にJAでも販売するので店内には数点まんじゅうと赤飯が展示してあるだけの簡素な配置になっています。活発な感じで親しみやすい女将さんは、町のにぎわいを取り戻すために新町の七夕まつりや商工祭に参加・出店して盛り上げてくれています。赤飯(300円)はごま塩のきいた歯ごたえの良いもち米と金時豆がホクホクして美味しくい。水まんじゅうは桜の塩けがアクセントになり、ほど良い甘さになっています。まんじゅう(つぶあん、高菜入り)、水まんじゅう、おはぎはワンコイン(100円)と手ごろな値段です。

洋菓子の店 アルル

ピンクの外観、店の横の塀にある看板も可愛い、と女子大生に人気。店内装飾も季節のイベントごとに工夫しており、商品の陳列も見やすく清潔感があります。人気商品の醤油クッキーは、クッキーとしては少し大きめでボリュームがあります。見かけとは異なるほんのりとした醤油味でサクサクとして香ばしい。バームクーヘンやロールケーキは甘い物好きに人気。会話上手なお店の方の印象も好感が持てます。

PAGETOP